あなたのピアノ買取相場を知るには

ピアノ買取で査定額はどうやって決まるか

ピアノの買取業者が、何を基準に買取査定額を決めるのか?
ごく当たり前のことですがシンプルに
「いくらで売ることができるか」によって決まります。

買取ったピアノをそのまま売ることができるならば、買取った金額に利益分を上乗せするだけで、手間もコストもかからず売却して利益を得ることができます。

比較的新しいピアノであれば、音を出す機構に問題もなく、傷や汚れも少なく、さらに新しいということで、ある程度高い金額であっても需要があるため、高めの金額で買取っても利益を得られます。

反対に古いピアノで、弦を叩くハンマーのフェルトが劣化して問題がある場合、このフェルトを全て交換しなければ買い手がつきません。
この場合、フェルトを交換する手間とコストをかけて、メンテナンスを行わなければ売ることができません。その分安く買取ってメンテナンスにコストをかけます。このとき売ることができる価格を想定した上で利益がどれくらい出るか?これによって買取価格が変わってきます。

もしもメンテナンスに必要なコストをあわせると、売ることができる価格を上回ってしまう場合には、買取価格がつけられない、つまり0円ということになるわけです。

買取り業者によって査定額が違う理由とは

さて、ここで重要になってくるのが「売ることができる価格」です。
ピアノ買取業者は、それぞれが独自の販売経路を持っています。同じ年代の同じピアノであっても「売ることができる価格」には違いがあります。

また「売るために必要となるコスト」も、業者によって違いがあります。
どの業者もできる限り低コストでメンテナンスを行えるように努力をしています。
例えば、技術者の熟練度を上げて、より少人数で短時間でメンテナンスができれば、コスト削減にもつながります。必然的に業者によって違いが出てくるわけです。

ピアノ買取業者によって、この2つの要素に違いがあり、結果として査定額にも違いが生まれてくるわけです。同じ年代で、同じピアノであっても査定額に違いがあるのはこのためです。

製造年とモデル名でだいたいの「売ることができる価格」を判断

ピアノはシンプルな構造の楽器です。そして堅牢につくられていますから、表面の傷や汚れはさておき、この基本的な音を出す機構については、製造年とモデル名がわかればある程度は把握することができます。

ピアノ買取で必要となるのはモデル名=形式番号と製造年のわかる製造番号、ピアノの状態、設置場所などですが、このうち形式番号と製造年でモデルごとにベースとなる買取査定価格を判断しているわけです。

致命的な損傷でなければ修復が可能

そしてピアノの固体によって異なる「ピアノの状態」。 火災・水没・事故・その他の天災などによる致命的な損傷。または故意による破壊などではなく、日常的についてしまった傷や汚れであれば、それほどコストをかけずに修復することが可能です。

上でも触れましたように、ピアノは堅牢な造りですから、よほどの事がない限り基本構造そのものが致命的な損傷を受けることは考え難いのです。

そして、少々の傷や汚れについては、一度研磨してから再塗装するといった工程で、ほとんどの場合が修復することができます。傷や汚れが買取査定額にほぼ影響しないのはこれが大きな理由なのです。

ピアノの設置場所については注意が必要

ピアノ買取査定でも意外と重要なのが設置場所です。
1階で大きな窓の側、広い庭から搬出ができるなどの場合は、簡単に搬出できますが、
2階で階段が狭く曲がっていて、階段から搬出が出来ない場合には、窓からクレーンや滑車を使って搬出することになります。

この場合には、その手数料を買取査定額から差し引かれたり、追加料金が発生し、場合によっては買取査定額を追加料金が上回ってしまうケースもあります。つまり搬出時の手数料によって、いくらか支払わなければ買取が完了しない場合です。

これは査定申し込み時に、しっかりと申告しておく必要があります。
また、買取業者を選ぶ際には、こういった追加料金がいくらぐらいなのか?確認しておきましょう。

ピアノ買取では、このような要素によって査定額が決定します。
これらを踏まえて考えると、やはり複数社への査定依頼を行って、査定額を比較検討することが、より高くピアノを売るためのポイントだといえますね。